厳選エロ記事

【エロ動画】教師ワイの娘ほど年の離れた教え子との淫美なセックスに溺れた記録。 相沢みなみ

今回ご紹介するのは、決して許されない関係…それでも私は彼女の誘惑に耐えられず…一線を越えてしまったんだ。惹かれ合う生徒と教師が人目をはばかりラブホ密会。理性を開放し求め合う純真無垢な不純異性交遊。先生がして欲しいことならなんでもしてあげる…。冴えない中年教師を狂わせる笑顔と性技。ねぇ先生…「みなみ」って呼んで…。相沢みなみ/生年月日 1996年6月14日/出身地 東京/血液型 A型/身長 155 cm/スリーサイズ 80 – 54 – 82 cm/ブラのサイズ D
小学校低学年までアメリカで過ごした帰国子女。アメリカはその後、高校の留学で過ごしたのみであるが、大学の専攻も英語だったことで日常会話は苦にしていない。海外からのファン対応も英会話で応じている。なお、出生地は香港。
日本に転校してきた小学生時代は言葉の難しさに「つらいと思うことが多かった」と述べている。この経験を父親に相談した結果、多少の躓きも「勉強になった」とプラス思考に納得するようにしており、「信じるべきものは自分」を座右の銘としている。
趣味はロジカルなアクセサリー作り。既存のピアス等を分解しパーツを取り出し素材にすることもあり、KAI-YOUでの取材では理系脳と分析されている。
「19歳のエロ美少女」として大学生時代にデビュー。いわゆる富裕層の家庭に育ち、小学生時代は16時、高校時代も19時が門限という厳しい家庭に育つ。勉学にも熱心な家庭で得意科目は英語[2]。著名私立大学も難なく入れたという
デビューのきっかけは大学1年の時に繁華街でスカウトされたこと。これまでも雑誌のスナップモデルを幾度か経験しスカウト自体は何度もあったが、AV業界という不安や怪しさから断り続けていた。それでも1年以上粘り強く口説かれ続け、ここまで熱量を持たれるのは今までなく、人間として面白いと思ったこと、自分自身このまま地味な人間になるのが嫌だったことを理由に大学2年の時に所属を決めた。デビューまでの経験人数は3人。
AVデビューを親にばれることは避けたかったため、21時までに撮影を終え門限までに送り届けるなど事務所側、メーカー側ともに配慮していたが、親友の密告によってすぐに芸名がバレ、大反対された。高校時代の友人にも伝わったが、彼らからはネガティブな反応はなかったという。
デビュー時は親バレを最大限避けるためパブ禁であったが、前述のようにすぐに伝わってしまったため、以降はどんどん前に出るようにしている。大学卒業後はAV女優に専念。
2019年3月1日、FANZAアダルトアワード2019最優秀女優賞にノミネート。5月12日、最優秀女優賞を受賞。
事務所はデビュー以来44グループ・E-pointに所属していたが、スカウトをされた事務所社長が2019年10月に死去したことを受け、2020年3月に独立。Apricityを設立した。
2020年12月、「FLASH 2020年現役最強セクシー女優BEST100」読者投票・第7位選出。2021年4月に発表されたアサヒ芸能「2021現役AV女優SEXY総選挙」で第17位。

インスタグラムURL
https://www.instagram.com/epoint2016/

ツイッターURL
https://twitter.com/minami_aizawa_

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

無料サンプル動画を見る▼

フル動画を見る▼

FANZA
https://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=ipx00680/